BF again

バナナ魚の二次創作SSを書いております。※当サイトに、原作とは一切関係がございません。掲載の記事は複製複写は禁止ですよ!
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

遥かなる夜明け

拍手ありがとうございます。

とうとう梅雨明けしましたね~!!
夏本番です!
そして子供の夏休みまで後3日!
もうじき母と子の夏の陣!
決戦の火蓋が切って落とされます~~
気合をいれないと(^^;)

続きです。
前回の◇◇週一の秘め事◇◇の続きです。
つまり、同じ夜の話です。
1つの話にしようかと思いましたが、別々にしたほうがいいと判断した次第です。

それでは、良かったら読んでください。



110.◇◇サシの勝負◇◇












《少なくとも 1ケ月は入念に下見やシュミレーションを重ね 安全に助け出すべきだ!》


ベガスに乗り込んだ初日、ブランカと大喧嘩をした…


ブランカの言う通り入念な下調べをしたならば、キングズレーの異常性に気付けたかもしれない…






あの時の俺は…





英二の攫われた経緯を考えれば、ヘドが出そうな行為が瞬時に想像できた。

さらに、キングズレーの妻2人が、1年未満で死んでいる事実も加わり、


“英二が いつ殺されてもおかしくない!”


と焦っていた。

下準備の2週間のほとんどを奪還作戦を練る事に費やし、キングズレーについては、スケジュールくらいにしか注意を向けなかった…


敵であるキングズレーの未来の予定だけでなく、人格形成に深く関わった過去についても目を向けていたならば、

対処できたかもしれない…



キングズレーの過去を紐解けば…

幼少期は、最低な母親と祖母から虐待。
後に代表が逮捕された最悪な児童養護施設に入居。
父親である「シカゴ」の庇護の下におかれる為、キングズレー夫妻と養子縁組。
ベガスのホテル&カジノ王になった後も、キングズレーは「シカゴ」の支配から逃れる事ができなかった…


ガキの頃から荒んだ生活を余儀なくされたキングズレーは養子縁組後、傍から見れば まともな生活を送り出したように見える。
だが実際は、命がけのサバイバルだったに違いない!

サバイバルを生き抜いたからこそ、キングズレーはベガスのホテル&カジノ王にまで登りつめたのだろう。
一見 順風満帆の勝者のようだが、「シカゴ」の支配を逃れることができないキングズレー…


そうとうなストレスに晒される中、奴の内面はどうだった…

 
磨り減る神経を癒す為に、人は休息を求める。
普通なら、趣味だったり、家族だったりに目を向け安らぎを得る。



キングズレーは、家族に安らぎを求めたと仮定するなら…



2人目の妻 “ブレンダ” に対して、キングズレーは猛烈に求婚した事が分かっている。
当時 中堅どころのホテル&カジノの経営者だったキングズレーと小さな商店の娘であった “ブレンダ” はいわゆる格差婚。

この格差婚は、キングズレーが躍進する為のスケープゴート(生贄)と考えていたが…
なんのメリットもない結婚は、金では買えない安らぎを望んでの事だったとすれば…

奴の思い描く家族像と違っていた為、“ブレンダ” は早々に始末されたのだろう…


“ブレンダ” の死後キングズレーは、定期的にガキを買い残忍な暴行をするようになった…


ガキ共にストレスをぶつけ、うっぷんを晴らしているように見えるが、英二に執着した事を考えれば…

キングズレーは、少年たちに安らぎを求めたのかもしれない…



祖母の死後に、児童養護施設に放り込まれたキングズレー

祖母が母親からキングズレーを守っていたのか?

初めはそうも考えたが、調べを進めていくうちに、現実が分かってきた。

クズ女を育てあげた奴は、もれなくクズだった…
所詮 世間はそんなものだった!


人生最初に関わった女共によって、キングズレーは女に不信感を抱き。
安らぎを求めた2番目の妻 “ブレンダ” への幻滅より、嫌悪感を爆発させたと想像できる!




女そのものに憎悪した。

結果、男に走るなんてよくある話だ!












そう よくある話なんだ……







俺は気付かなければ ならなかった!











戻せない過去を後悔する。


ベガスから英二を救い出した後、さっさと2人でNYを離れ 行方をくらましていたら…

今頃 どこかの地方都市でひっそり2人の新生活が始まってたかも知れない。


笑顔をとり戻したお前に、

毎日 朝起こされ、
上手い飯を食って、
つまらない事で喧嘩し、
その度に仲直りして…


穏やかな日々を2人で築いていく…


そんな事を 想像してしまう。











すまない…英二





俺 弱いな…





お前も知っているだろう?
本当の俺は、弱くて臆病なんだって事を。

お前が側にいてくれないとダメなんだ!





すまない 辛いんだ…





こんなに近くにいるのに、お前がまだ遠くにいるようで…




あの野郎の名前だけを口にして、決して俺の名前を呼んでくれない。





俺だって分からなくていいから…


一生 触れられなくてもいいから…





俺の名前を、お前の口から聞きたい…







すまない…




本当にすまない…





週1度だけ許してくれないか… 

弱音を吐かせてくれないか…




今だけで


今だけでいいんだ!


お前に触れさせてくれ








また明日から


俺は戦うから!


キングズレーを、お前から追い出してやるから!















《エイジは私の手の中で包み込んでいるのに、心だけ汚らしい貴様が握っているのみたいで、全く不愉快だ!》





キングズレーが、言っていた戯言!


そっくり そのまま貴様に返してやる!
絶対に貴様から英二を取り返してやる!











戻せない過去をもう1つ後悔するなら…



キングズレー貴様を一発で仕留めるんじゃなかった!!

致命傷とならない場所に鉛弾をぶち込み、この世のあらゆる苦痛と恐怖を味あわせてから殺るんだった!!





俺はいっそう強く腕に力を込める。






キングズレー 俺と貴様 一対一の勝負だ!!





俺は静かに英二をベッドに横たえた。
布団をかけ、少し乱れた髪を整え、俺の涙が垂れた頬を拭う。




大丈夫…必ず救うから!!




俺は、決意を胸に 大切な人へ唇を落とした。


back←・→next


【 2016/07/19 (火) 】 長編SS 遥かなる夜明け | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまい

Author:こまい
ブログに足を踏み入れていただきありがとうございます。
ひっそり創作活動をしております。
私の個人的な妄想に、少しでも共感いただけるなら
皆さんの温かい 拍手&コメント WELCOMEです♪
明日への活力となります(^^)

カウンター
個人的な つぶやき
日常のことを つぶやいてます。どうも子供関係が多いです(。>д<)お暇ならどうぞご覧下さい! ↓↓↓クリック
イベント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR