BF again

バナナ魚の二次創作SSを書いております。※当サイトに、原作とは一切関係がございません。掲載の記事は複製複写は禁止ですよ!
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

遥かなる夜明け

拍手ありがとうございました。

関東地方の水不足は、大丈夫ですか?
私が学生の頃、水不足となり取水制限が大変でした!
確か 断水が夜9時~朝9時とかだったので、朝ごはんの支度の為に母が前日にお水を貯めていました。
断水中のトイレはバケツで流してましたよ!
幸い給水車が出動するまではなかったのですが、取水制限が数ヶ月続いたのを覚えています。

続きです。
アッシュ目線ですね!

頑張れ~!!

それでは、良かったら読んで下さい。


106.◇◇人形◇◇








“創業者の死に伴いSKホテルズ コーポレーションは、債権者合意の元 大手ホテルチェーンの傘下に加わった”





後日 TVや新聞でデカデカと報じられた。



現在の家族連れも楽しめる街 ラスベガス!
その礎を築いたのは、キングズレーなのは周知の事実だ!


キングズレーが創ったエンターテイメントに特化したラスベガスは、此れからも繁栄し続けるだろう…


















NYに戻り、俺は直ぐに医者の元に駆け込んだ。

もちろん 英二の素性は極秘事項!

外部へ情報が漏れないよう、シンに取り計らってもらった。








医者の見立てでは…






英二は、解離性障害だった。







教えられれば、決められた時間に決められた行動をする。
話し掛ければ、相手の声の抑揚や表情を見て、それにあった表情で答えを返す。
だが そこには英二自身はいない。
暫く話してみれば分かる…

全く会話が成立していないのだ!

ただの質疑応答すぎなかった…




プログラムされた通りの動きを淡々とこなしていく英二は…


まさに人形だった…















医者は言った。


「過度なストレスにさらされ、逃げ場のない状況の中、自分自身の内面に隠れるしかなかった。
無理に理解をさせ行動を抑制すれば、ギリギリ保っている心が壊れかねない。
つまり、なんの反応もしめさない廃人になる可能性がある…
だから今はストレスを加えず、見守る事しかできない。
彼自身が、助かったと認識できれば正気に戻る可能性がある。



だが…それは…





明日になるか…


半年後になるか…


1年後になるか… 


10年後になるか… 


それは、わからない…」





















英二は聞けば答えてくれるから、医者監修の元、いくつかの質問をした。
そこで、分かった事がある。

キングズレーは、異常なほど英二と他人の接触を嫌っていた。
自分以外の名を呼ぶ事すら禁じていたようだ。
自分の事を

第3者がいるときは「レオ」
2人きりの時はミドルネームの「レイル」

と呼ばせていた。

俺が英二と再会した時の状況を医者に話すと


「恐らく 自分の身体に触れる人物は「レオ」だけだった。
君が、彼を抱きしめた事により、彼の中で君の事を「レオ」と認識してしまったのだろう…」


そう見解を示した。



「性的関係を強要されていたのなら、その関係が絶たれる事によって、

“助かった!”

と認識するかもしれない…」



俺の事をキングズレーと思っているなら、近くにいるのはストレスとなる。
だが、ストレス要因のキングズレーの接する距離や態度の変化を感じ取れれば、正気に戻るかも知れない!

医者は、英二の家族に協力を求める事を提案してきた。
確かに英二の心が休まる安全な母国に帰すのが一番だろう…

たがキングズレーと “ボンクラ” の父親である「シカゴ」が大人しくしているとは思えない。
今回の一件で「シカゴ」は、ベガスのドル箱を失ったのだから、怒り狂っているはず!
マフィアのドンとして、血の制裁を実行するに違いない。

“ボンクラ”共の黒幕であった、ジョニー様や俺達に矛先が剥くのは想定内の事。
簡単に見付かるような愚昧は、俺達の中には存在しないので心配してない。

だが、キングズレーの元息子の英二の素性は、調べようと思えば簡単に調べが付く。
日本に帰せば、英二や英二の家族が危険な目に遭う可能性が高い!
念の為に、シン経由で英二の実家を見張ってもらっている。

当初 立てていた筋書き通り、

“キングズレーの隠し財産目当てで息子を手中に納めたが、「シカゴ」の制裁に恐れをなして そのまま行方をくらませた”

そうした方が、何かと安全だった。





もちろん 医者は入院を勧めてきた。
俺の事をキングズレーと認識しているなら、俺は英二に近付くべきじゃない!

一生会えなくても構わない。
元の陽だまりのような英二に戻ってくれるなら、会えない辛さなんて苦にならない。

だが、過去の症例から、俺が接触を絶った場合、他の人物をキングズレーと認識する可能性が高い。

その時は、英二がキングズレーと認識した人物と協力して治療を進めるそうだ。



それならば、俺がキングズレー役をやる!
他人になど、任せる訳ないだろう!!





back←・→next



【 2016/06/21 (火) 】 長編SS 遥かなる夜明け | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまい

Author:こまい
ブログに足を踏み入れていただきありがとうございます。
ひっそり創作活動をしております。
私の個人的な妄想に、少しでも共感いただけるなら
皆さんの温かい 拍手&コメント WELCOMEです♪
明日への活力となります(^^)

カウンター
個人的な つぶやき
日常のことを つぶやいてます。どうも子供関係が多いです(。>д<)お暇ならどうぞご覧下さい! ↓↓↓クリック
イベント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR