BF again

バナナ魚の二次創作SSを書いております。※当サイトに、原作とは一切関係がございません。掲載の記事は複製複写は禁止ですよ!
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

遥かなる夜明け

拍手ありがとうございました。

GWはいかがでしたか?

うちは、旦那の仕事上 長期休みはなし!
1日だけ近くの動物のいる公園に行きましたが…
駐車場にはいるだけで1時間待ちでした。
しかたなく 公園を諦め近くの直売場で買い物をして帰りました。

とにかく 毎日のお昼を考えるのが憂鬱でしたね…
その為、PCに触れない日々でした(><)


続きです。
今回記念すべき100話目ですが~

1行に要約できる事を、詳しく書いちゃいました(^^;)
ごめんなさい!!

ジョニー・ハイドニック様のイメージはブラックリストのレッドなんですよね~♪

それでは、良かったら読んでください。




100.◇◇同盟◇◇





俺達は作戦を練り、ジョニー様に伝える。


準備が整い、“ボンクラ”・“NO.2の男”・“パイプ役の男”をパーティーと称して呼び出した。





マヌケ共に財力を見せつけ信頼を得る為だけに借りた豪邸で、極上の料理と酒を振舞う。

金をかけた豪華な演出に、マヌケ共はまんまと魅了される!


上機嫌に高笑いを始めた頃合を見て、俺はジョニー様に合図を出す。

ジョニー様は、軽く目配せをして笑みを浮かべる。




直ぐにジョニー様のご高説が始まる…











「ネオン煌く美しき ベガス。

一夜にして億万長者となる者。
一夜にして全財産を失う者。

アメリカンドリームは、ベガス中いたるところに転がっている!

ステイツ中の夢を膨らませた愛しきクズ共が、我先にとやってくる…






素晴らしい!





まさに 楽園じゃないか!










全く 神が知恵の実を禁じた訳だ!

エデンを追い出された人間が、創り上げた理想郷。
りんごを口にした人類が、ちょっと知恵と技術を駆使しただけで、神の創造したるエデンなど足元にも及ばない極上の楽園を創り上げてしまった。





だが…

残念な事に…

神の管理下から逃れたはずの我々の楽園を、常に支配しようとする輩がいる!



そして…

我々が必死に手した糧を、奪い去っていく…








それは… 

そう!



まるで 穏やかな海に突如現れ! 


その巨体で、

その強大な尾で


愛しき我が家とも言えるピークォド号を破壊し尽した… 



白鯨モビイ・ディックのようだ!




毎日 糧を得る為に、懸命に慈しみ育てた 愛しき海を、「シカゴ」のモビイ・ディックは意図も簡単に根こそぎ掻っ攫っていく!!!




私は、見ていて胸が痛くなる!






どうした リカルド!



強大な父親である白鯨は、怖いか!


足が竦むか!


逃げ出したくなるか!




エイハブ船長は、モビィ・ディックを悪魔の化身と位置づけた。

狂気ともいえる復讐心に執念を燃やし




その身を焼き尽くした!



まさに 男の中の男!!


彼のような男こそ 勇者だ!!














……分かるよ リカルド!



敵は強大だ!!



万人が、立ち向かう気力すらなくし、大人しく懸命に手に入れた糧を差し出してしまう…





だが 我々は小説の登場人物ではない…




何よりも、我々の乗る船は、老朽捕鯨船ピークォド号じゃない!




なぜなら 私が用意する船は、最先端のテクノロジーが組み込まれたNEWピークォド号なのだから!!



私は勝負師じゃない!!

商売人だ!!



負けると分かって賭けるヘマはしない!
それは、金をドブに捨てるようなものじゃないか!!
商売人たる私は、確実でないと1ドルも出す気はない!


その私が、是が非でも賭けたいと思うのは、目の前に優秀なクルーが揃っているからだ!



私の本能が叫びだす!!





この男達は何者にも恐れない!


この男達は何者にも動じない!







この男達は必ず目的をパーフェクトに達成する!!











大丈夫! 

人間の知恵と技術の粋を集めた NEWピークォド号と優秀なクルーがいれば、数年の追跡も泥臭い死闘など必要ない!!



一瞬で決着がつくだろう!!




穏やかで平和を手に入れた海で、バカラでも楽しみながら、再び酒を酌み交わそうじゃないか!!







私が、ハーマン・メルヴィルなら こう小説を締めくくる。



優秀な船長

優秀な一等航海士

優秀な銛打ち



彼らの活躍により、穏やかで平和な海を取り戻しました。

そして 手に入れた糧は、奪われる事なく末永く幸せに暮らしましたとさ。













なお…


平和な海で必要なものは、ハイドニック商会が独占販売いたします。」









ジョニー様の甘言に、マヌケ共は酔いしれた!

俺の眼前では、馬鹿笑いしながら次々とジョニー様と握手と抱擁を交わしていく 茶番劇が上演中だ。





マヌケ共は、身の丈にあわない野望!

ジョニー様は、マヌケ共がベガスの全利権を手に入れた暁には、商売の独占権を得る!



お互い利害が合致し、同盟は成立した。


back←・→next






【 2016/05/09 (月) 】 長編SS 遥かなる夜明け | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまい

Author:こまい
ブログに足を踏み入れていただきありがとうございます。
ひっそり創作活動をしております。
私の個人的な妄想に、少しでも共感いただけるなら
皆さんの温かい 拍手&コメント WELCOMEです♪
明日への活力となります(^^)

カウンター
個人的な つぶやき
日常のことを つぶやいてます。どうも子供関係が多いです(。>д<)お暇ならどうぞご覧下さい! ↓↓↓クリック
イベント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR