FC2ブログ

BF again

バナナ魚の二次創作SSを書いております。※当サイトに、原作とは一切関係がございません。掲載の記事は複製複写は禁止ですよ!
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月

衣装選び〈ハロウィンSS〉

拍手ありがとうございました。

ハロウィンSSラストは、英二の衣装選びです。
引き続き英二目線ですね。

英二は漫画大好きですし、祖母がいたから結構詳しいという設定です♪

それでは、良かったら読んで下さい。


◇◇衣装選び◇◇4






次は2人が僕の衣装を選んでくれる順番。
正直 2人がどんな服をチョイスしてくれるか楽しみ♪


僕の場合は、学校の課題で単位もかかっている。
独創的でインパクトが欲しいところだ!


「まずは俺からだ!」


僕はアッシュから衣装を受け取ると自室に入る。

やっぱりハロウィンだし、鉄板衣装といったところかな?

着替えが終わり、2人の前に立つ。



大きなとんがり帽子に黒いマントと杖。
魔法使いの衣装だ。


「まあ 鉄板衣装だね♪」


その一言につきた。





次に手渡されたアッシュの2着目は…


「あーーなるほど」


1着目の魔法使いの衣装は、布石だったのか!

正直 “良く知っていたな!” とアッシュの博識に感心する。
子供の頃、祭りで この衣装の簡素なものを祖母から着せられた事がある。
僕は、遠い記憶を頼りに衣装を身に付けていく。

着替えが終わり、2人の前に立つ。



着物に袴 烏帽子を被り、首から数珠をかける。
平安時代の貴族の狩衣。


「それってジャパニーズウィッチ&エクソシストなんだろう?」


アッシュがチョイスした衣装は、陰陽師!
陰陽師は、漫画やゲームの世界で天候を操ったり、死霊と戦い妖怪を退治する。
ウィッチ&エクソシストの解釈は、納得できる!

確かにアメリカ人に余り知られていない衣装だから、独創的でインパクトがあるし、ハロウィンの本質を突いている。
いいかもしれない♪


アッシュはシンに対して、挑発的な笑みを浮かべる。
シンは明らかにムッとしている。


フフッ どうやら2人も賭けをしているみたいだ!




「じゃあ 次は俺の番!!」


シンがチョイスした1着目の衣装は

シンも学校の課題について考えてくれたみたいだ。
確かにこっちの方が、アメリカでは知れ渡っているだろう

着替えが終わり、2人の前に立つ。



薄い青の着物に袴、腰には刀。
サムライのお奉行様。


「サムライスタイルで肩の感じがカッコいいと思って♪」


確かに、普通の着物より裃の肩がとがった感じは目を引く。
日本の民族衣装はアメリカで馴染みがないから独創的と捉えられるし、後 インパクトだけど


!!!!

あっ そうだ!!!



『やいやいやい! この見事に咲いた遠山桜を忘れたとは言わせねえぜ!』



僕は、超有名なシーンを再現した。

祖母が時代劇の大ファンで、子供の頃から毎週TVで観ていた。
ばっちり覚えている!
ハロウィン当日は、肩に桜のシールかペイントすれば、面白いかもしれない!


僕が突然パフォーマンスをしたもんだから、2人は驚いたみたいだ!
目を見開き、固まっている。


「突然 ごめんね。実は日本の時代劇で…」


僕は「遠山の金さん」について2人に説明をした。


「…でね。桜の刺青をみせるパフォーマンスをしたらインパクトがあると思うんだけど、どうかな?」



「……」

「……」



2人は渋い表情で顔を見合わせている。

暫くの沈黙の後、


「却下だ!」


アッシュが呟いた。


「えっえっ! ダメ?
どこらへんが、おかしい?」


僕は食い下がって聞いてみたが、2人とも首を横に振るだけだった。


アメリカでは受け入れられないパフォーマンスなのかな…?
いいと思ったのにな…







「そうそう2着目は、絶対似合うと思うんだ!」


場に漂う暗い空気を払拭するように、シンが衣装を渡してきた。

シンの2着目は

うーーん やっぱり外国人にしてみたら、日本といえばこれなのかな~

衣装を身につけ鏡を覗いてみたけど…

何かちょっと違和感がある…
何だろう?

思い出せそうで思い出せない!
あーーなんかモヤモヤする!!

結局 モヤモヤ感は拭い去れず、待たせるのも悪いし

2人の前に立つ。


紅い花柄の着物に煌びやかな内掛け。


「やっぱり 日本と言えばゲイシャだろう♪」



まあ 外国人にとって日本のイメージは

“サムライ・ゲイシャ・ニンジャ・フジヤマ・スシ・テンプラ” となるのかな~

でもシン…この衣装は、正確にいえば花魁スタイルなんだよ~


「ははっ 英二 似合う~♪」


シンは、イタズラな笑みを浮かべる。
アッシュは、何も言わないがニヤニヤしている。



もう2人が何を考えているか分かるよ!


はいはい どーせ男の汚い女装で、笑いを取ってますよ~!!



でも さっきの渋い表情から一転して、2人は笑顔を見せてくれている。
肩を出して桜の刺青を見せるよりも、アメリカではウケるのかな?


んっ?

肩を出す?


あっそうか!!
違和感の正体が分かった!!




花魁は白塗りをして背中が少し見えるくらいに着物をずらしている。
普通に着物を着ていたから、何だか違和感があったんだ!

僕は、着物の襟首を広げる。

どーーーせ気持ち悪い男の女装なんだ!
この位やった方がインパクトあるだろう!


「なっなっ! 英二 何やってんだ!!」


シンが慌てている。


「えっ何って? 
実はさっきから変な違和感があったんだけど、違和感の正体が分かったんだ!

この着物は正式にはこうやって襟首をあけて着るものなんだよ!」


外国人にとって どうでもいい事かもしれないけど、純日本人の僕にとっては違和感があるんだよな~


2人は再び渋い表情で顔を見合わせる。


「却下だ!!」

「俺の負けでいいよ! 英二はアッシュの衣装から選んでくれよ~」


「えーーー!?
シンの衣装も結構インパクトが合っていいと思うんだけど!!」


突然のシンの敗北宣言に 訳が分からない!


「絶対にダメだ!!
シンが選んだ衣装はありえない!!

俺が賭けに勝ったんだから、いう事をきけ!」


「英二に何かあったら大変だって! 
なんなら俺 選び直すから この2着の事は忘れてくれ!!」






……

…はあ~


そんなに僕のパフォーマンスや女装は、アメリカ人を不快にさせてしまうのだろうか…

ちょっと落ち込むな…





2人の迫力に圧倒され、僕は頷くしかなかった。

             fin



=========おまけ=======

「シン 直ぐに他の衣装を撤収させろ! 英二が “やっぱりシンの衣装にする” と言い出したら面倒だぞ!!」

「分かった! 直ぐに引き取らせる!」

「お前も何であんな衣装を選ぶんだ!!」

「だって インパクトがあって独創的な衣装って言うから…

1着目はインパクト。
2着目は目の保養と思ったんだ!

まさが英二があんな事をするなんて思わねえよ~」

「全くあの無自覚!
今ですら面倒くさいのに、あんな格好をしたら さらに厄介になるぞ!!」

「確かに、あの業界はそういう奴らが多いからな~
その卵共も、そういう奴らばかりだもんな~」





「肩なんか出したら 何人に襲われるか!!!
考えただけでも ゾッとする!!」




back←・




フフッ 英二は結局どの衣装を選んだんでしょうね♪
日本でも年々ハロウィンが盛り上がってきてますね。
私の住んでる場所でも、子供達のパレードを見かけることがあります。
裁縫が上手な友人は、子供のコスプレを作成してました。
でも、我が家は普通にスルーします(^^;)
気持ち、晩御飯にかぼちゃ料理を出そうかな~という位です。

それでは、ハッピーハロウィン


【 2015/10/31 (土) 】 短編SS | TB(-) | CM(1)
ウラチャロさまへ
※お手数ですが、ドラッグして文字を反転してください。

こんにちはウラチャロさん

一話目UPの時に、コメントをいただいたのに返事が遅くなってすみませんm(。≧Д≦。)m


日本のハロウィンも随分盛大になってきましたね♪

ニュース映像をみましたが、東京のハロウィンは凄いですね!
私の地域のハロウィンは、家族や子ども会で仮装してパレードをした後お菓子を貰うという感じでした。

中には、仮装した子ども達が老人ホームでお菓子を配るという逆転ハロウィンも行ってました。

さてさて今回 行き当たりばったりの企画をしてしまった訳ですが、いかがでしたか?

楽しんでいただけたのなら嬉しいです(^^)♪

いや~連載中のSSが暗いので、実のところ私が1番楽しんだかもしれません!

11月に入り もう随分 寒くなりましたね。
子供が風邪を引くイコール ママを風邪を引くのは当然なので、お互い体調管理頑張っていきましょう!

それでは、嬉しいコメントをありがとうございました。

         こまい




【 2015/11/02 (月) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまい

Author:こまい
ブログに足を踏み入れていただきありがとうございます。
ひっそり創作活動をしております。
私の個人的な妄想に、少しでも共感いただけるなら
皆さんの温かい 拍手&コメント WELCOMEです♪
明日への活力となります(^^)

カウンター
個人的な つぶやき
日常のことを つぶやいてます。どうも子供関係が多いです(。>д<)お暇ならどうぞご覧下さい! ↓↓↓クリック
イベント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR